ヴィーナスリフレクション色の選び方

ヴィーナスリフレクションファンデ色選びを伝授!

 

 

 

ヴィーナスリフレクションという非常に便利なコスメをご存知ですか?

 

ヴィーナスリフレクションは、ジェル状のクリームファンデーションです。

 

この1本で、日焼け止めもベースメイクも完了の非常に優れものです。

 

最大の特徴は、光を味方につけてリフレクション(反射)を利用してお肌を美しく魅せてくれるところです。

 

 

2種類のヴィーナスリフレクションの色味の特徴!

ヴィーナスリフレクションのファンデーションの色味について詳しく効果を説明します。

 

ナチュラルピンク

 

明るめの肌色の方には、圧倒的にナチュラルピンクをお勧めします。

 

シミ、シワ、毛穴を目立たない様にしてくれるリフレクション(反射)効果は、素晴らしいです。

 

また、ナチュラルピンクは、くすみが気になる方にもおすすめです。

 

年齢と共に顔のくすみが気になる方も多いかと思います。

 

 

しかし、こちらのナチュラルピンクは、レフ板の様な役目をしてくれるので、

 

くすみがちなお肌が、パッと明るくなります。

 

オークルイエロー

 

健康的な肌色の方には、オークルイエローをお勧めします。

 

濃いめのシミが気になる方には、オークルイエローをおすすめです。

 

 

厚塗りをしてシミを隠していませんか?

 

 

下地を塗って、コンシーラーを塗った上から、ファンデーションを使用している方が多いかと思いますが、

 

ヴィーナスリフレクションは、下地も、日焼け止めも、コンシーラーも要りません。

 

これ一つで全部をこなしてくれるから、厚塗りになる心配もありません!

 

 

ヴィーナスリフレクションの色の選び方!

色白

色白の方は、ナチュラルピンクを選んだ方が合うと思います。

 

真珠のパウダー効果で自然で透明感のあるツヤ肌に仕上げてくれるのが嬉しいですね。

 

地黒

地黒の方には、オークルイエローをお勧めします。健康的な肌色をより健康的に魅せてくれるからです。

 

厚塗りしなくても、抜群のカバー力で顔の凹凸を平らに見せてくれます。

 

独自の技術でにじみづらく、一日中崩れないカバー力を発揮してくれるのも非常に良いです。

 

シミくすみ

元々のお顔の色味にもよりますが、シミやくすみが気になる方には、オークルイエローが最適です。

 

二層構造のジェルとクリームが混じり合い、光のベールを形成してくれるので、

 

抜群のカバー力を保つことができます。

 

赤ら顔

赤ら顔気味の方には、ナチュラルピンクの方をお勧めします。

 

薄付きなのに、素肌が綺麗に見えます。

 

自然なツヤ感で、若々しい感じに仕上がります。

 

元々の肌の色によってチョイスするのが一番かとは思いますが、問題別にどちらのファンデーションを選んでも良いかと思います。

 

お肌の色に合わせてご選択下さい。

 

もう失敗しない!ファンデの色選びについて

失敗しないでファンデーションの色を選びたいですよね。

 

5つほど例を挙げて、解説しますので、参考にしてください。

 

まず、自分の肌色を知る

毎日自分の顔を見ていると、自分が、色白なのか、色黒なのかわからなくなりますよね?

 

夏には、日焼けをするし、冬には、若干、肌の色が白くなるものです。

 

しかし、根本的に自分の肌の色を認識するのは、難しいですので、

 

一度、化粧品店や、デパートや百貨店の店員さんに聞いてくるのも手です。

 

次に、自分の使っているファンデーションを見直す

自分の肌色をプロに確認してもらったら、現在お使いのファンデーションを見直してください。

 

色味の番号や名前が書いてあると思いますので、

 

それを調べて、ピンクよりなのかイエローよりなのかを調べてください。

 

 

それだけでも、今まで使っていたファンデーションが自分の肌色に合っていたのか、

 

合っていなかったのかがはっきりします!

 

一番良いのは、首の色をベースに色味を合わせてみる

首は、普段日焼け止めをしていても、一番日焼けしてしまうポイントかと思います。

 

その首の色に合わせて、ファンデーションを選ぶと、一番確かです。

 

しかも、首と顔の境目が無い方がお顔が綺麗に見えます。

 

 

たまに、極端にお顔が白くお化粧している方がいますが、

 

首とくっきり色が違うのは、逆に目立ってしまいます。

 

もしも、下地として使うのならば

ヴィーナスリフレクションを日焼け止めや下地として使うのであれば、

 

ヴィーナスリフレクションの上から別のファンデーションを塗ることも可能です。

 

 

その場合は、ヴィーナスリフレクションで選んだ色味に似ているファンデーションの色を重ねると綺麗に見えます。

 

実際に選ぶ色味が決まったら

実際に選ぶ色味が決まったら、初めてヴィーナスリフレクションを使用する時は、

 

一応、簡易的なアレルギーテストとして、手の甲に塗ってみてください。

 

9つの無添加設計ですから、

 

合成香料、合成着色料、アルコール、防腐剤

 

など皮膚に悪そうなものは入っていません。

 

 

そのほかにも、

 

鉱物油、防腐剤、旧表示指定成分、紫外線吸収剤、四つ足動物、合成ポリマー

 

などは入っていません。

 

それでも、万が一、敏感肌の方などで肌に炎症を感じたら、ただちに使用をやめて皮膚科を受診してください。

 

 

ヴィーナスリフレクションの正しい使い方

 

さて、ヴィーナスリフレクションの色味の選び方は、完璧かと思います。

 

基本的には、ヴィーナスリフレクション1本で

 

日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、フェイスパウダー、そして、ファンデーションの役割を担ってくれます。

 

ですから、これ一本をお顔に塗ればいいのですから非常に簡単な使い方となります。

 

 

肌馴染みが良くて、伸びが良いので、スーッと素肌に馴染んでいく感じです。

 

ヴィーナスリフレクションを下地として使用して、他のファンデーションを上から塗ることも可能です。

 

ヴィーナスリフレクションのNGな使い方とは?

非常にお手軽で簡単な使い方のヴィーナスリフレクションですが、注意点が何点かだけあります。

 

ヴィーナスリフレクションは、石鹸では落ちませんので、クレンジングをお使いください。

 

日焼け止めなどに混ぜて使うことはお勧めしません。

 

そもそも、化粧品を混ぜるのは、それぞれの特徴が損なわれる恐れがありますので、お勧めしていません。

 

 

消費期限は、未開封の場合は、三年です。

 

一度、開封した後は、なるべく早く使い切ってください。

 

ほこりや雑菌が混ざり、品質が変わる恐れがあるからです。

 

 

内容量は、25グラムですので、使用頻度によりますが、毎日使ってなくても、

 

半年くらいで消費できそうな量ですから、あまり心配は無いかと思います。

 

ヴィーナスリフレクションの使用をおすすめできる人とは?

ヴィーナスリフレクションは、幅広い年齢層に指示されていますし、

 

どの様な年齢層でも簡単に使用することができる製品です。

 

 

特に、これ一本でメイクが済むので、朝の忙しい方や時短でメイクをしたい方にはバッチリかと思います。

 

 

また、コロナ渦でどこに出かける時もマスクが必需品ですが、

 

ヴィーナスリフレクションのクリームは、マスクにつきにくいので非常に便利ですね!

 

8種類(スクワラン、オウゴン根エキス、ザクロ果皮エキス、フラーレン、セイヨウオオバコ種子エキス、シロキクラゲ多糖体、カンゾウ根エキス、ナツメ果実エキス)の

 

美容成分が配合されていますから、美肌を目指している方にも大変お勧めです。

 

ヴィーナスリフレクションの使用をおすすめできない人とは?

ずばり、ヴィーナスリフレクションに入っている成分にアレルギー反応や拒絶反応が起こる方には、お勧めできません。

 

みずみずしいお肌へ導くために、美肌乳酸菌のラ・フローラEC12が配合されています。

 

肌菌バランスを整えてくれるのに大変良いのですが、もしも乳酸菌にアレルギーがある方がいましたら、使用を控えた方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

 

今回は、ヴィーナスリフレクションの色選びに焦点を絞って書きました。

 

一本でメイクが済み、マスクにもつきにくいので、毎日使うのに非常に適していると思います。

 

顔の日焼けは、知らない間に紫外線を吸収してしまっているからですが、

 

ヴィーナスリフレクションのSPFは、50+ PA+++となっていますから、

 

日差しの強い地方やビーチやキャンプなどの屋外のアクティビティーでも大丈夫そうです。

 

 

案外、知られていませんが、曇りの日でも晴れの日とあまり変わらない量の紫外線が放出しています。

 

ですから、お手軽に使えるヴィーナスリフレクションを朝、お顔に塗る習慣ができると非常に良いです。

 

 

光を味方に、肌の凹凸を整えて、美しく魅せてくれるヴィーナスリフレクションが手放せない方が続出かと思います。

 

使用満足度99パーセントの正しいスキンケアをヴィーナスリフレクションで行なって、美しい肌を維持し続けたいですね!

page top